M.フェルデンクライスは1904年に東欧に生まれ、若い頃にサッカーで膝を怪我しました。
しかし、当時の医療では再び運動することは難しい状況でした。

その中で「どうしたら再び運動ができるようになるか」を彼なりに研究し、貪るような関心をもって、心理学、アレ クサンダーテクニーク、フロイドの心理学、進化論、脳科学や針治療、柔道などを研究し、彼の「メソッド」を確立しました。(メソッドとは、「方法」という 意味です)

そのメソッドを実践し、M.フェルデンクライスはスポーツを再び楽しめるようになりました。
仲間に聞かれてメソッドを教えていた所、徐々に噂が広まって指導の希望者が多くなって行き、現在のフェルデンクライス・メソッドが確立されました。

素晴らしい伝記が2016年に2冊出版されました:

A Life in Movement (英語) Moshe Feldenkrais – Der Mensch hinter der Methode