はじめまして!

サビンと申します。

スイスから来ました。

初めての来日は高校時代の交換留学でした。

「なんで日本に来たいと思ってたの?」とよく聞かれますが、今思えば、子供のときから最も私を日本に惹き付けたのは、日本の「心身一如」という、当時もちろん知らなかった言葉が現している、日本の精神性だったのではないか、と思います。

12歳からスイスの道場で合気道を習い、高校時代に日本に留学した時は薙刀部に属し、そして帰国後ジュネーブ大学に通いながら日舞を学び始め、その調和のとれた身体所作に魅せられました。

再度来日し、日本の大学院で日舞を研究する傍ら舞の稽古にいそしみましたが、それがきっかけで身体の構造をより深く学びたいと思い、「フェルデンクライス・メソッド」の専門課程で集中的に勉強するようになりました。フェルデンクライス・メソッドは身体と心は同じく脳に左右され、一緒になって初めて一人の人間が在る、と、私が強く惹かれてきた日本の「心身一如」と通じ合う西洋の議論に基づいた、とても面白くて素晴らしいものです。

日本の身体文化の学習がきっかけで修得した「フェルデンクライス・メソッド」を、今回逆に皆さんと分かち合い、皆さんの生活が快く、楽しく、豊かになるために少しでも役立てましたら幸いです。どうぞよろしくお願いします!フェルデンクライスの不思議で楽しくて奥行きあるご自分の世界への旅に是非一緒に出かけましょう