Blog

Letzte ATM im 2014

28.12.2014 ATM@池田の森 公開

もはや昨年の話になりますがー何かとレッスン教えるのに没頭し写真を撮り忘れガチな私、主人が思い出してくれたので、年忘れ!のレッスン後のグループ写真を、載せてみます。載りたくない方はカメラの反対側におり、またこの前日の方々のエアもまた美しき池田の森のアトリエに漂っています。

そしてまたこのアトリエのすばらしい持ち主の方、そしてまたさる六年の間にここやほかのところでフェルデンクライスのグループレッスンで身体に耳を傾け、動き、学んだ皆様

いつも誠にありがとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!28.12.2014 ATM@池田の森 公開Alles Beste im Neuen Jahr!28.12.2014 ATM@池田の森 公開Happy New Year

In the wonderful space of the Ikeda-no-Mori-Atelier, twice again in the end of last year, we were moving, listening, learning.

Thank you all who were taking part in these 6 years of

Feldenkrais Method ATM @ IkedaNoMori!!!

Hope to being able to see you here and learn and move with you here again – next date is January 8, 7-8pm

問いかけの整体 FRAGEND QUESTIONING

先日、個人レッスンを終え、新たに痛感したこと、それは「フェルデンクライス・メソッドは、問いかけの整体である」ということです。

Während einer FI, die ich ertelite, verstand ich in aller Deutlichkeit, was ich bereits wusste: dass die Feldenkrais Methode gerade auch dadurch wirkt, dass sie fragt, ohne behaupten oder bestimmen zu wollen.

I understood clearly the other day what I knew before: the Feldenkrais Method works also, because it approches questioning, not ordering or imposing.

フェルデンクライス・メソッドは個人レッスンに際し、クライアントの身体を動かす時、「こうあるはず」とか「こうあるべき」とか、積極的な意思を働かせて行うものではありません。
むしろ「あなたはどの動きを好んでしますか?」とか、「ひょっとしてこうしたいじゃないですか?」とか、「この方向性はいかが?」とか、「この動きもできる?」などなど、クライアントさんの体に「問いかける」思いで 動かしてこそ、いい結果が生まれます。

„Wie bist Du?“ „Bewegst Du so?“ „Ist das möglich für Dich? Oder eher das?“

Nicht: „Du musst so sein!“ „So ist es richtig“ „Diese Bewegung ist korrekt“.

„How are you?“ „How about that?“ „Is this possible?“

Not: „That’s how you ought to be!“ „This is the correct way to move!“

人間が備える潜在能力は、驚くべきものがあります。
クライアントさん自らの肉体に備わった能力をうまく引き出すために、
うまく心と体を解きほぐす気持ちを大切にしながらレッスンを行うことで、
相手の神経系は安心し、防備を開き、深いところからの変化が可能になってゆき、信じられないほどの効果につながります。

Durch diese Haltung wirkt die Feldenkrais Methode so tief und effektiv, denn Klienten müssen sich vor nichts schützen und dürfen sein, wie und wer sie sind mit all ihren unzähligen Mölgichkeiten, den ausgelebten wie den unentdeckten.

This attitude in the Feldenkrais Method acts so profoundly and effectively on us, because there’s no need of protection, everyone is accepted just the way she is, including all her lived, unavowed or sleeping possibilities.

こういった姿勢は、グループレッスンを行う時もまた、有効です。
スイスで今ついている仕事では、個人レッスンの時間が多いのですが、
これからグループレッスンの時間も増やして行けたらと思います。

現在定期的に行っているグループレッスンは

毎週月曜日16:15〜17:30
アトリエタンツに於いてのみですが、

12月12日、18:30〜21:00時、第一回チューリヒ駅前の『アトリエタンツ』に於いて、フェルデンクライスワークショップを開催します。どなたさまでも大歓迎です。
場所:Ausstellungsstrasse 25, 2F, Atelier:tanz にて。
持物:動きやすい服装、飲み物。
参加費:50SFR、学生40SFR

いい癖を習慣に    Gewohnheiten Habits

早いこと、9月も半分経っとうとしますね。 日本から帰って早速仕事に戻り、懐かしい日本の夏は骨の奥に移った感じ。

Der Mensch sei ein Gewohnheitstier. Wie gut, wenn angelegte Gewohnheiten einem auch in jeder Hinsicht gut tun.

If already we have habits, how well if they are good for us.

毎日駅から仕事場へ歩くと、同じ電車で通うらしい男性が歩きタバコをしています。

Alle anderen würde man wohl lieber ablegen.

Die Feldenkrais Methode hilft dabei.

Das zu tun, was Du willst.

To get the choice to choose between the habits you want to have and those you’d rather not have, the Feldenkrais Method is very useful – wheather those are habits of posture, acting or emotions – give it a try  ^_^

朝8時前から人の吐いた煙はすいたくもなく乗り換えたりしてますが・・・ こうして毎日、毎日習慣としてることは、自分のためになる、いい習慣にしたいなと、自分の習慣やら癖やらを顧みて・・・ 再三フェルデンクライスメソッドに感謝しました。 習慣と癖を変えるのに大変役立つメソッドです。 私も昔タバコすってましたし、今だってあまりいいと思えない習慣ー顎に力入れたりとか、呼吸を浅くしたりとか、ーもありますが、浅くなってきました。「どうしてもこうしないと」「しないではいられない」ことは、だいぶなくなりました。 習慣を変えたいかたも、選択肢の自由を持ちたい場合も、フェルデンクライスメソッドはおすすめです  /

曇り空の蝉 

確かに東京の蝉がなく声は違います。

曇り空の羽田空港におります。

今回新しく出会えた生徒さんのボスが勧めてらっしゃることば

「やるかやらないか迷うならやった方がいいよ」

を生かし、遅いのにやめた方がいいのでは、などの迷いを貫いて、

昨夜84歳の師匠にも三年ぶりに会えました。ずっと気にかかって、心配していましたが、あまり変わらず、いつもの素敵な大好きな昌三郎先生で、ほっとし嬉しかったです。今回こそ、またお稽古も、お願いできたらいいですね。

私をフェルデンクライスメソッドの方に導いたのも、日本舞踊、ことに舞でした。ねじる動き、眼の大事さ、胸,呼吸、腰を下ろす、重力ーそれぞれ互いに多いに役立ち響き合います。

橋本さん,いい言葉を伝えてくださり、ありがとうございます。迷いがあるのならとにかくやってみる、素敵ね、ちょうだいしました。

短い日本滞在でしたが、懐かしい方々にお会いでき、新しい方々とも知りあえ、嬉しいです。一週間経ってみると、娘との距離を痛ましく思わないほど、充実した日々でした。

皆様のおかげです。どうもありがとうございました。

ますますフェルデンクライスメソッドの腕を磨き、精進し、学んでいきます。

皆様もどうかお元気で、幸せな日々をお過ごしになられますように。

また次回お会いできる、ご一緒に学べるのを楽しみにしています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

それでは、行って参ります

緊急開催

久しぶりのみんみんなる静岡の夏。 気持ちがいいです。 そして、19日から21日にかけて愛しの池田の森で開催させていただいたフェルデンクライスのグループレッスンに、予想上まる方におこししていただき、誠にありがとうございます。 再会,初回、ともにとても嬉しかったです。

本当は今大阪にいるはずですが、明日予備通訳でつくよていだったワークショップがあいにくキャンセルになりました。

その分一日時間ができ、やはり静岡に戻ることにし、満員で容赦なく参加お拘りせざるを得なかった方々のためにもまたレッスン教えたくなりました。 それで、後12時間しかないという、なかなか来れるはずの方がいないであろう間近さですが、眼のレッスン、そして股関節のレッスンを教えることにしました。その後まだしばらく、静岡へ来られないと思うと、お一人にでも、是非教えたいと ^_^ 詳細は、スケジュールとホームのリンクをご参照ください。 今回、またはいつかはきっと訪れる次回に、お目にかかれましたら嬉しいです。

Feldenkrais in Shizuoka im August

ご無沙汰してしまいました。

日本は暑いでしょうに、スイスでは「夏?」と来北区ほど雨が多く涼しいです。

6月に先輩のフェルデンクライス院を代行で勤めた他に、中旬から理学療法院でフェルデンクライスプラクティショナーとして勤めることになりました。これまでにむしろグループレッスンを多く教えてきた私にとって、一日7,8人に個人レッスンをするという興味深い、新しい挑戦です。クライアントに半分以上は多発性硬化症など、重い病気をしていますので、腕がいろいろな意味で問われ、磨かれます。楽しく、充実してやっており、また腰が痛くなったり、腕がいたくなったりと、自分のみの動かし方、持ち方も勉強できます。

今は夏休みでいない人が多く、9月からグループレッスンも教えますがその前に、8月に漸く日本で戻れ、フェルデンクライスのグループレッスンも個人レッスンも教えられることを多い楽しみにしております。4月に飛行機に乗れず皆さんと約束していた再会が実行していなかったショックがまだ消えきれないうちに、それをとうとう補修できると思うととても嬉しいです。静岡にいる19日から21日にかけて、毎日開催する予定です。お一人しかこられなくても、毎日開催したいと思い、また日本の夏に強いスイスのお菓子も毎日持参する予定ですー四月の急なキャンゼルの最低のお詫びです。詳細の時間と場所を間もなくHPの右のスケジュールリンクに載せますので、今しばらくお待ちくださいませ。

皆様のお目にかかれるのを楽しみにしております!

 

Die Bise schlich ins Ohr

左耳で良かったのですが

そしてもう殆ど痛みがなくてよかったです。

IMG_1761

ちょうど一週間前、アルプスがきれいに眺められる月曜日の朝に、春の暖かい中に若い春の北風が好奇心いっぱいに左耳の穴を通って中耳までたどり着いたようです。しかし出口に迷って慌てたのか、私は中耳炎になってしまった。20年ぶりです。子供の頃に一度この痛みを味わって以来いつも帽子をかぶり、ちょっとの異常にすぐに反応してとどめられてきたようですが、今回の若い北風の好奇心の早さについていかなかったね—一時間以内に0から90くらいに痛みが上ってしまいました。

北風はよっぽど迷ったのかあいにく炎症がなかなか治らず外耳と内耳にまで広まってしまったようです。今はこの耳では殆ど聞こえないが、とにかく観られた通りの薬を飲んで、休んで、少しずつなおってくるでしょう。ただ今日乗るはずだった飛行機にはあいにくドクターストップがかかってしまい、困りました。直してから改めてチケットを買うことになります。

日本では善く挨拶として『季節の変わり目ですのでぐれぐれもお体をお大事になさい』など書きますよね。この挨拶の大事さをよく分かりました気がします。

みなさんも、季節の変わり目ですのですので、どうぞまふらなど余分にもって心身をお大事になさいませ (^_^)/

(日本語) 無事にスイスへ到着

まだ雪が道上に残っていて、寒い。
さいわいにして姪から娘のためにあたたかいジャンバーなどが借りられた。そして早速にフェルデンクライスの養成コースへも顔を出しにいった。
その翌日はジェネーブ日本舞踊学校へー私が21歳より日本舞踊を学び始めた学校です。稽古の見学の後,モモの節句のパーティへよんでいただき、殆どスイス生まれ育ちの日本人とそのハーフの子供たち、日本語の夕べで主人も有意義な話できたようです。
しかし主人と言えば、言葉が全く通じない甥(ドイツ語とスペイン語は行けるが、日本語も英語もさっぱりです)とは大いに仲良く、老い鵜も、ずっと一緒にいてほしいとしきりに願ってるようです。

b0186889_153258

やはり身体の言語で二人は通じ合っているのでしょう。
まだスイスへ来て一週間しか経っていないけれども、その間季節が変わり、昨日は冬のコートでは暑い、雪は跡形なく消え、急にたくさんの子供が公園に現れはしゃいだり遊んだり、娘も石遊びとブランコを楽しめるようになった。
時間が経つのは早いですね。明日からは五日間のフェルデンクライスのアドヴァンストレーニング(養成コース終了のもののみが受けられる)を受け、
そしてきっとあっという間に5月,日本との、日本での再会になります!

皆様どうか、花粉などに負けずに、お元気で!

(日本語) さくらと雪 snow and cherryblossoms

日本はただいま桜が満開。スイスの新聞に載った日本の白い、脆い軽やかさの写真にスイス人はうらやましい、と一声。というのも、 今朝改めてスイスの景色に広がる白さは、改めて降った雪です。

岩いれてみれば、二年前、臨月の大きいおなかを抱えて出産に望むためスイスに来ていた今頃は、スイスも桜が咲いていた。今年は特別に冬が永いのでしょうか。

桜の写真を見て、どちらかといえば梅が好きな私でさえ、確かにこういうはかないか弱いお花を好むという国民性は、やはり素敵ね、と再三、やはりいいね、日本と思っています。
日本はとても懐かしく返りたいと思う気持ちにもよくなりますが、こちらの良さを楽しもうと思います。
昨日は新しい形式の小学校を見学しにいきました。そこでは先生が子供たちに宿題をだすのではなくて、一人一人の子供は自分自信に宿題をだします。明日まで何をやるか、そしてその実現を先生に見せる義務はありますが、内容は自由とか。それは上手く行っているようで生徒たちの学力も決して低くないようです。一瞬以外でしたが、フェルデンクライスメソッドにおける学びについての考え方を思えば、とてもいい方法ですね。皆が同じものではなくて、一人一人がいま自分が必要としているものを宿題としてやってくる。いまの自分には何が必要かを見極める訓練でもありますね。何をやったらいいか分からない場合はもちろん先生に相談できる。先週別な小学校に行きましたが、そこでも週一日は子供たちが自分で宿題を考える方式でした。ただしあまりに遅れたりしている子供がいれば、先生は指示することもあるとか。

私はたまたまとてもいい先生とクラスにあたったようで、スイスのすべての小学校はそうでないだろうと思いますが、少し希望が抱けますね。
そういえば昨日の学校の,現在20歳の一人の卒業生の話も聞かせてもらいました。昨日の学校では「自由学習」という授業もあって、その間に興味あるものを調べたり、作ってみたいものを,のこぎりやら、糸やらを使って作ってみたり、踊りの振り付けをしたり、様々な物事に携わる子供がいましたが、あの卒業生はどうやら「自由学習」の度に飲み物やら食べ物の実験を行ったそうです。あまりに毎回そればっかりなのでさすがに先生は、たまには違う学習もしたらと進めたほどだったそうです。その学生はいまでは食物科学者になって勤めているとか。自分に合う仕事をじい策からして分かる人間もいるということですね。

(日本語) 笑うほど得

ただいまフェルデンクライスのアドヴァンスドトレーニング、つまりプロフェショナル専用のトレーニングを終了しました。

如何にもっと書きます。

「遠くはないですよね」
道案内をお願いしたおばあちゃんに確かめたら、チロリ〜戸綿市を眺めてから「フフフ,あなたさんはハイヒールはいてないから、すぐでしょう、ふふふ」
大いに楽しそうにしんやり笑うおばあちゃんに私も思わず一人笑いしながら案内してもらった道を歩んだ。

新しい状況になれる間は気分が優れないときもありますけれどもやはり返らない時間を笑みで過ごせば過ごすほど、得にちがいないね。

夕日にぼつんぼつんと雪が

ただいまスイスのビエンヌという町でフェルデンクライスメソッドのアドヴァンス・トレーニング「メソッドをマースターする」を受けています。先生はラリー・ゴールドファルブ。養成コースのおりに既にに習慣習った先生ですが、話も面白く、人も良く、そして技法も抜群。沢山学んで、楽しんでいます。
六年前に個人レッスンFIをお願いしましたが、大きい変化が伴い、今日もまた同じく、すばらしいレッスンをしていただけました。そして毎日抜群,個人レッスンの技法をさらに学んだり、見てもらったり、手を取って教えてもらっております。きっと次回の来日のおりはー次回は五月22日からですがー 私の個人レッスンもお陰でだいぶレベルアップしているに違いないと思えるほど、今日三日目で進歩が感じられました。興味深い。面白い人とも沢山出会い。ありがたいです。Not that I think that one always has to smile. Oh no. How nice to experience other expressions and emotions too.

I just did a great advanced training.

The report follows beyond.

“It isn’t far, is it?”
The elder woman I asked my way in Zurich looked at me from bottom to top and laughed “you’re not waering high heals, so, you should be fine, hahaha”
She shaked with her whole body back and forth and seemed to have a lot of fun with this whole situation, so as I walked the way she showed me too, I couldn’t help smiling on my own.
Even if I start running out of money the more of this never repeated time I can spent with a smile in my face, the richer I am, I felt strongly.

Some snowflakes dance through the evening lith in the windows.

Larry Goldfarb taught in my training for two weeks, that’s how I know him. With a lot of wit, great technique and sensitivity, I really enjoyed his teaching and, as I luckily realized in his advanced training “Mastering the Method”, still do..

Also the FI I received from Larry six years ago, and again today! Was very interesting, very skillful and had a big impact on me, changed a lot. I am also happy to feel that already I know better how to do what he teaches us anew, get more sensitive and skillful at it. Looking forward to giving FIs again, in Switzerland as in Japan as where ever life should bring me to.