Blog

Wohlauf wieder in Zuerich

Nach Zahlreichen Workshops, ATM und FI in Japan, 10 Tagen Uebersetzung fuer Chava Shelhav im Child’Space Training in Matsue, Japan, sind wir wohlauf wieder in Zuerich gelandet.

Und schon steht, am Freitag, dem 15.1. Abends, der naechste WS mit wohltuenden, dynamischen Stunden vor der Tuer: Vervollstaendigung des Selbstbilds. Es gibt noch freie Plaetze! Nur zu!

IMG_1600

Feldenkrais in Japan

静岡ー松江ー静岡。

静岡では、私がいなくてもフェルデンクライスを続けてらっしゃる方が旺盛で、嬉しい限りです。

また、多くの方々に久しぶりのレッスンの来ていただき、恐縮です。ほとんどの方は、動き方がとても素敵、ご自分に耳を澄ましながら、質の美しい動き方をしてくださって、私はとても嬉しいです。

スイスで教えると、多くの中年、年配の方にとって、床に座る、床で寝るのは難しいことを知れ、日本では80代の方でさえ、何こともないかのようにそれはできるというのは、やはり素晴らしいですね。

暖かい陽射しは静岡をほぼ毎日照らし、恵まれている場所だねと、思っております。

松江では、日本初のチャイルドスペースのトレーニングを、その創始者でフェルデンクライス博士の最初の13弟子の一人の、ハーバ・シェラヴ先生自ら教えられて、冥界の説明、深い理解に、感激しました。そしてまたその子供に対するレッスンで、発達がだいぶ遅れてしまった子供でさえ、みるみるできることが増え、身振りを変えるのを見て、やはりこのメソッド、本当にすごいもの、素晴らしいものだと改めて思いました。

Drei Wochen in Japan.

Einige ATM in Shizuoka,

dazwischen in Matsue’s first Child’Space Training – wunderbare Leute!, wunderbares Lernen! –

und dann wieder ATM und FI in Shizuoka –

Tatami eignen sich wunderbar fuers bewegen.

Und auf den Boden sitzen/liegen ist auch 80 Jaehrigen vertraut.

Das Jahr neigt sich seinem Ende zu.

Die Sonne scheint, noch scheint der Winter nicht eingekehrt.

IMG_1417IMG_1598IMG_1600

Wohlauf in Japan

おかげさまで今日、無事に静岡へ戻りました。

暖かいゴールドな日差しに、感激。セーター一枚で十分ですね!富士山も美しく、そしてSPACでの薔薇の花束の秘密は素晴らしい!やはり私は昔も今も、美加理ファン!素晴らしい女優ですね。

さ て、ここにくるまで2泊、幼馴染のアンコロコロの横浜のお宅で、お世話になりました。そのお嬢ちゃんとうちの子は仲良く遊び、すっかり甘やかしていただき ました。(確かに、幼い頃にまだ日本語も日本の存在も知りませんでしたが、まあ、人生の半分の間の付き合いの大切な子)

時差で娘は夜中に「もう眠くない、いつ朝になるの」と痺れ切らし朝の4時まで遊びましたが…

そして今日は憧れの新幹線で静岡へ向かいたどり着きました。

今回も、少しですが、静岡でフェルデンクライスも教えさせていただいておりますので、ご都合の合う方はぜひどうぞ、いらっしゃいませ(右の「スケジュール」リンクよりご参照ください

Die Sonne waermt golden der Wind blaest wacker

Heute sind wir endlich in Shizuoka angekommen

Warm and golden sun – in Japan it’s still autumnlike. We enjoy views, food and friends.

今回も、少しですが、静岡でフェルデンクライスも教えさせていただいておりますので、ご都合の合う方はぜひどうぞ、いらっしゃいませ(右の「スケジュール」リンクよりご参照ください

los^_^/

毎日ブログを更新されてるまめな方もいらっしゃるようですが、

私はどうも筆(パソコン)不精でそういうことは到底できないようで、

でも、大きな人生の転機を迎え、珍しく二日連続でブログを書かせていただきました。

昨日の、最後の勤めた日の最後にもらった一輪のバラの花は、マレイに報告していたように今日は、私の院に生けています。

とても気持ちがいい、呼吸がいっぱい入っていて、自由だという私の施述空間Feldenkrais Studio。

メソッドを追求しはじめてから早や10年。

今日から心機一転、一人立ちし、新しいステージが始まります。

IMG_1271

Keine Angst, ich werde nicht zur täglichen Blogwriterin werden nun, da ich nicht mehr angestellt bin

NUN ist die Rose von gestern also in meiner eigenen Praxis von heute und morgen,

im Feldenkrais Studio Zürich, an der Bederstrasse 80.

Grossartig, frei, und voller Atem, so fühlt es sich hier an – und DU bis jederzeit ganz herzliche willkommen in meinen immer erfahreneren Händen.No worries. I don’t think I’m going to be the daily blog writer

But very importantly I want to communicate – what’s NOW

So here’s the flower I got yesterday on my last employed day

Standing in my own practice of today and tomorrow, The FELDENKRAIS STUDIO ZUERICH, where, for the first day today alone, I am working at present.

Great, big breathe, freedom, that’s how it feels.

I’m looking forward to meeting you here – in my always evolving hands.

nach dem letzten Tag

IMG_126817か月のフェルデンクライス・プラクティショナーとしての通勤は本日で終わりました。

IMG_1242クライアントさんにレッスンを与えることは大好きでした。

彼らもまた、私が去ってしまうのを惜しんでくれました。たくさんの言葉、お餞別、想いを頂戴しました。

「私にとってとんでもない欠失」

「特別な人」

「かけかえのないものを与えてくれた」

など言われ、驚きました。

そして1000+の個人レッスンの経験も得ました。

ありがとう。

夜に去り、いつものようにー最後にーチューリヒ行きの電車に乗ろうと思ったら

「サビン」

と呼ぶ声。

暗闇に白いヘルメットをかぶって立っているのは、いつものように輝いているマレイ。

マレイは私が勤め始めて間もなく引退しましたが、数回、会議、イン、遠足などで会いました。

バラを渡し、「バイバイ言いに来たの、だって、いつもいい時を一緒に過ごしてたもの」

惜しまず過ってくれた冷たい夜風に目が濡れたのか。

心に触れられることはなんと印象深いことでしょう。

ありがとう。IMG_126817 Monate Anstellung als Feldenkrais Lehrerin fanden heute ihr Ende.IMG_1242

Ich habe sehr gerne mit den Menschen gearbeitet.

Mein Gehen wurde bedauert. Ich wurde beschenkt, mit Dingen, Gesten und Worten reichlich entlohnt. Und verbluefft.

„unglaublicher Verlust“  „Eine dolle, Frau. Ein besonderer Mensch“ „du bist mir ans Herz gewachsen“

Reicher auch um die Erfahrung von 1000 weiteren FI.

Danke.

Für all die menschlichen Momente.

Und die Rose zum Schluss – ich kam, zum letzten Mal also, recht beladen auf den Bahnhof um wie zum letzten Mal, gewohnt, den 18:30 Zug zurück nach Zürich zu nehmen.

„Sabine“

Da steht Marei in der früh eingedunkelten Nacht, geziert von weissem Velohelm, Rad in der Hand, wie immer strahlend.

Marei wurde kurz nach meinem Arbeitsbeginn pensioniert, wir sahen uns einige Male an Sitzungen, in der Praxis, auf Ausflug.

Gibt mir eine Rose, sie habe sich noch verabschieden wollen, wir hätten es doch immer gut gehabt.

Der kalte Wind treibt Wasser in die Augen.

Wie beeindruckend, bewegt zu werden.

DankeIMG_126817 month of employment as Feldenkrais Practitioner ended today

IMG_1242

I  very much enjoyed working with the clients.

They regretted my leave. Richly gifted me with things, thoughts and words. With the latter, quite surprised

„Incredible loss for me“

„Great, special woman“

„You got dear to my heart“

And richer of 1000 more experiences in FI.

Thank you.

For all that human moments.

After I left and went as always – for the last time – to catch my train back to Zürich I hear

„Sabine“

There is Marei in the darkened night, withe helmet on her head, shining as always.

Marei retired shortly after I started working. We met several times in the practice, on meetings and on the excursion.

Hands me a rose, she wanted to say goodbye, as we always spent good time together.

Cold evening wind makes eyes grow wet.

How impressionating to be touched.

Thank you.

Kopfstand im Aikido Dojo – auf alten Spuren

今日で2週間のフェルデンクライス養成コースのセグメントが終わりました。

私は個人レッスンを与える、アシスタントインターンとして付きあわせていただきました。

四 年生、終了まであと1年のを控えている生徒たちに、ポールニュートンとエリザベスバーリンじゃーという、二人とも素晴らしい先生がそれぞれ一週間教えてい ました。私も股関節のことに津居てさらにわかってきたほか、逆立ちを学んでいくシリーズのレッスンで、二回も合氣道の道場を皆で訪れられ、そこで受身を 取ったり転んだりしたのは、心に触れました。IMG_1221

子供のごろに懸命に合氣道の稽古していたこと、そして、やはり多くの自分がふるさとに感じる日本に触れたのと。IMG_1223

逆立ちはまだマスターしていません(笑)是非学んでいきたい。けれどもそれ以上に色々と深いものに触れ、学べたと思い、感謝しています。

久しぶりに日本へ行けるのもあとHeute war der letzte Tag des zwei wöchigen Feldenkraistraining Segments in Biel.

Ich durfte als Monitorin dabei sein und den Auszubildenden FI (Einzelstunden) geben.

Es waren tolle zwei Wochen, mit Paul Newton und Elizabeth Beringer, und besonders berührt haben mich sicher die beiden Morgen im Aikido-Dojo Kumano in Biel: Zum Kopfstand üben waren wir da, in mir stieg die Erinnerung an hunderte Stunden Aikido-machen auf – ich war 13-16, und sicher auch ganz viele Gedanken an meine zweite Heimat Japan.

Weiter war ich auch beeindruckt von einer jungen Bielerin bei der ich  couch-gesurft bin 😉 Eine ganz flotte Frau. Und lebte gleich neben dem Ort, an dem ich einen grossen Teil meiner eigenen Feldenkraisausbildung genossen haben.

Das hing neben ihrer ZimmertürIMG_1225

Wäre schön, sie wieder zu sehen!Today was the last day of a two weeks Feldenkraistraining Segment in Biel.

I had the chance to be with them and provide them with FI.

Great two weeks, with Paul Newton and Elizabeth Beringer

A particularly deep impression left the two mornings in the Aikido-Dojo Kumano with me: As safe environment to learn rolling and headstand, in me awoke the memory of hunderds of hours of Aikido training as a teenager. And certainly many thoughts to my second home, Japan.

Another thing that touched me was the connaissance of a wonderful, for her young age very mature woman – who lived just next door to where I did the greatest part of my own Fledenkrais Training. I couch surfed at her place, next to her door stood: „I`m not here! I went to look for me. If I’m here again before I come back, tell me: wait for me.

IMG_1225

would be nice to meet her again!

Der dritte Sommer

IMG_0671800px-Rheinfall_flugaufnahme_2_doris

先輩の留守の間、彼女のフェルデンクライス院で代わりに教えさせていただきました。院はシャフハウゼン州にあり、電車で向かう途中にRheinfallという、ヨーロッパ最大の滝らしき大滝が窓から眺められます。

実は今年は三年目に代わりで教えさせてもらい、三年目6月中なんどもここを通るのですが、通るたびに滝の勢いに圧倒されます。曇り空だあったり、三年前大水だったり、太陽の下に塩が吹き上がり、滝の下よりライン川は泡立てながら流れ続いています。

IMG_0706

滝の偉大なことだけではなく、他にもこの週はやはり美しいと、通うたびに思います。

個人レッスンもグループルッセンも代わりにさせてもらってますが、個人レッスンを一部のグループはちょっと田舎の、窓から撫でらかな丘がなだめられる場所。そしてグループは様々な場所ー市内は100年前からの歴史をい呼吸する、外が30度超えてもひんやりと涼しい屋根部屋、またライン川に沿って20分ほどバスで発していく、なんとも美しい、畑の多い景色・・・

それにしても、もう三年目のスイスでの夏と思うと、考え深いところがあります。ましてやただいまほど永いこと日本を離れているのはなんと12年ぶりでー日本不足になっておりますね。800px-Rheinfall_bei_Schaffhausen_02

ヨーロッパでは、フェルデンクライスの先輩も多く、養成コースでアシスタントインターンをさせてもらい、上のように先輩の院を代わったり、他の院でも週2日朝から晩まで現在個人レッスンをしており、いわば、修行を積む時期でしょうね。

12月にはまた日本に戻ります。近々、グループレッスン、ワークショップなど、静岡で開催できそうなものを決定していきたいと思っておりますので、ご都合が疲れる方にお目にかかれたら幸いです。

また言うまでもなく、今集中的に磨いております個人レッスンー痛くない、整体に類するものですねーにもどうぞいつでもいらっしゃいませ。Diesen Juni durfte ich wieder meine Kollegin in ihrer Praxis in Schaffhausen vertreten.

Jedes Jahr beeindruckt mich die Schönheit dieses Kantons wieder. Bei der Anreise aus dem Fenster die Rheinfälle – ob bei Regen, Sonnenschein,

800px-Rheinfall_flugaufnahme_2_dorisIMG_0706

Hochwasser wie vor zwei Jahren oder in der Abenddämmerung, der Fall überzeugt mit seiner fortlaufenden, fortfliessenden, tosend nie einhatenden Wucht – immer der selbe und doch ist das Wasser ständig neu.

800px-Rheinfall_bei_Schaffhausen_02

Und auch die Ackerlandschaft Richtung Dörflingen, der ruhig fliessende Rhein, die Altstadt Schaffhausens – schön! Und vor allem die sympathischen Leute in den Gruppen meiner Kollegin und ihr Vertrauen – Danke!Always newly impressed by the beauty of Schaffhausen, where I had the honour to replace my colleague in her practice the third year this june.

800px-Rheinfall_flugaufnahme_2_doris 800px-Rheinfall_bei_Schaffhausen_02IMG_0671

The fresh strength of the Rhine Falls, wide acres and landscapes, and before all, the nice clients of my colleague and herself! Thanks!

Geburtstag

IMG_1761

今年も一歳歳を重ねました。

とめどなく歳

重ねてゆく

行く年行く年

人間の宿命 命の宿命

Though this picture is the aurora in the early morning 🙂IMG_1761

wieder ein Jahr

bald neigt sich auch dieser Tag zu Ende – dieser Geburtstag

Unweigerlich werden wir älter

Jahr um Jahr

Los des Menschen, Los des Lebens

Was bleibt?

Was ist

 

 IMG_1761a year more

Though this picture is the aurora in the early morning 🙂

Dankbarkeit

 

ありふれた表現のような気もしてしまいますね、「感謝」と書くと。

常に感謝していてもいいのは言うまでもないのです ー 飢えを知らない、戦争を知らない、健康でいる、教育も受けられたー確かに大変、言葉に尽きないほど、ありがたいことです。

けれども心から「感謝」を感じられる時って、とても幸せな時ですよね。他と比べたり、別を望んだりしていない、ただありのままに感謝している時ですよね。

今回の静岡もまた、たくさんのとても素敵な方々に恵まれていて、なんて私はラッキーなんだろうと痛感しました。レッスンに参加してくださった皆さん、お顔を合わせられた皆さん、いつも心強く支えてくださる皆さんに心から、お礼を申し上げます。

精進し続け、少しでも、皆様の役にも立てるようにいたします。

あるがままでいい、それはまだ、フェルデンクライスメソッドでずっと、学んでいる、やっていることですよね。自分以上でも、以下でもない。自分のままでいる時こそベストな自分。

”Find your true weakness and surrender to it. Therein lies the path to genius. Most people spend their lives using their strengths to overcome or cover up their weaknesses. Those few who use their strengths to incorporate their weaknesses, who don’t divide themselves, those people are very rare. In any generation there are a few and they lead their generation.” Moshe Feldenkrais

どのM.フェルデンクライスの本にこの言葉を読んだのか、今2時間以上探しても見つかりませんが、まだ見つかってここにしるしておきます。概ねの意味は「本当の自分の弱点を見つけ、受けとめてこそ、本当に強く、ユニークになれる」これもまだ、出典共にちゃんと訳したいと思います。今日はとにかく

ありがとうございました。IMG_2624