(日本語) 無事にスイスへ到着

まだ雪が道上に残っていて、寒い。
さいわいにして姪から娘のためにあたたかいジャンバーなどが借りられた。そして早速にフェルデンクライスの養成コースへも顔を出しにいった。
その翌日はジェネーブ日本舞踊学校へー私が21歳より日本舞踊を学び始めた学校です。稽古の見学の後,モモの節句のパーティへよんでいただき、殆どスイス生まれ育ちの日本人とそのハーフの子供たち、日本語の夕べで主人も有意義な話できたようです。
しかし主人と言えば、言葉が全く通じない甥(ドイツ語とスペイン語は行けるが、日本語も英語もさっぱりです)とは大いに仲良く、老い鵜も、ずっと一緒にいてほしいとしきりに願ってるようです。

b0186889_153258

やはり身体の言語で二人は通じ合っているのでしょう。
まだスイスへ来て一週間しか経っていないけれども、その間季節が変わり、昨日は冬のコートでは暑い、雪は跡形なく消え、急にたくさんの子供が公園に現れはしゃいだり遊んだり、娘も石遊びとブランコを楽しめるようになった。
時間が経つのは早いですね。明日からは五日間のフェルデンクライスのアドヴァンストレーニング(養成コース終了のもののみが受けられる)を受け、
そしてきっとあっという間に5月,日本との、日本での再会になります!

皆様どうか、花粉などに負けずに、お元気で!